For Starters

Propo-FPV

2024年5月以降、【C1 Academy】Start講座を開講予定であり、以下の進め方詳細について講義でお伝えします。
1)RCカー、プロポ/受信機購入
 C1 Race出場には、Regulationsに合致したマシン(特に原動機、ボディ、タイヤ)の選定&製作が必要となります。
 ・RCカー シャーシ : AXONARCINFINITYKYOSHOMUGENSCHUMACHERSERPENTTAMIYAXRAYYOKOMO
 ・RCカー ボディ : ABC HOBBYKYOSHOPANDORA RCTAMIYAYOKOMO
 ・プロポ/受信機 : FutabaJR PROPOKO PROPOKYOSHOSANWATAMIYA
2)第四級アマチュア無線技士免許取得
 国家試験を受験するか、講習会を受講して取得してください。
 国家試験受験 : JRI(試験手数料は5,100円(税込))
 講習会開催機関 : JARDQCQ Planning
3)FPVカメラユニット購入・取付
 2024年3月にC1(株)より販売開始予定です。
 購入したFPVカメラユニットを、取扱説明書に則って、RC Carに固定してください。
4)アマチュア局保証取得
 FPVカメラユニット付属の系統図を活用してアマチュア局保証を受けてください。(1台の保証料は、5,500円(税込))
5)アマチュア局開局
 総務省へ開局申請をしてください。
6)ARグラス or VRゴーグル、映像受信機/アンテナ購入
 ①ARの場合
  ARグラス : EPSONXREAL
   XREAL air2の方が、EPSON BT-30Eより目の前に浮かぶ映像が大きいです。
  ARグラス用・モニター用映像受信機/アンテナ : 「FPV映像受信ユニット」を2024年5月、C1(株)Shopにて販売開始予定です。
 ②VRの場合
  VRゴーグル : BETAFPV(映像受信機・アンテナ内蔵型ゴーグル)、FAT SHARKORQASKYZONE
  VRゴーグル用映像受信機/アンテナ : IMMERSION RC
7)コース確保、練習
 ①近隣の体育館、会議室、自宅等で実施する場合
  ・5m×3m以上(12m×5m以上推奨)の床面を確保します。場所管理者に用途について了解を取ってください。
    RC Car用、ミニチュア用のパイロン等の障害物を置けば、スラローム走行はできます。
  以下、コースを作る場合の一例として、C1 Raceにて使用しているウォール設置方法を紹介します。
  ・MKダクト2号を準備します。C1では搬送性の観点から1m版を使用しています。
  ・床面の場合)床面に痕をつけない為、まず床面に養生テープを貼り、その上に、両面テープを使用してMKダクト2号を貼り付けます。
    馴れると、MKダクト2号10本の設置は30分程で完了できます。
   カーペット路面の場合)両面テープにて、MKダクト2号を床面に固定
    リンクの両面テープを使用すると、強く固定されつつも、撤去の際にダクトに粘着部分がつかず綺麗に剥がれます。
 ②近隣のRCサーキット等で実施する場合
  事前にFPV遠隔操縦での走行について、RCサーキットに確認してください。
  初心者時間枠での走行を指示されることが多いかと思います。
8)C1 FPVへ出場
 本ページ下部のリンクから、エントリーしてください。
 

Cockpit-FPV

1)【C1 Academy】Start講座を受講
 2024年3月に受講受付開始、2024年5月開講予定です。
2)【C1 Academy】Basic講座を受講
 2024年3月に受講受付開始、2024年5月開講予定です。
3)C1 FPVへ出場
 自作ボディ(ホイールベース257mm-260mm)を使用することも可能です。ご要望に応じて、スモールボディも使用できるようにする可能性もあります。その場合はContactへご連絡ください。マシン、コックピットは全てC1(株)のモノを使用できますので、手ぶら来場での出場も可能です。本ページ下部のリンクから、エントリーしてください。C1 Cockpitを使用し出場したドライバーの最上位者は、C1 Racingのフルサポートドライバーとして、C1 Raceへ出場することができます。
 

Autonomous

まずは、以下のレースイベント等への参加を通じてAI Carの製作方法を学んでください。
KAIT Racer GP(神奈川工科大学、C1(株)協賛)・・・次回は2024年9月21日開催の予定。
自動運転ミニカーバトル(トヨタ技術会)・・・次回は2024年10月開催予定。

Race Entry

C1 FPV 2024 NYC」Entry

1)レース概要を確認
 ご自身で準備したFPV RC Carでの出場を希望されるチームは、無線技士資格等が必要となる場合があります。その他、不明点はお気軽にお問合せください。→Contact

2)エントリー
 エントリー受付中です。
 エントリー多数の場合は、C1 Academy受講者を優先する等、C1(株)にて選考の上決定させていただきます。

    担当者名*

    メールアドレス*

    電話番号*

    チーム名*

    希望ゼッケン番号(最大3桁)

    会社名/学校名

    会社チーム、学校チームの場合は、必ず入力をお願いいたします。

    会社事業内容

    会社チームの場合は、必ず入力をお願いいたします。

    過去も現在も、反社会的勢力ではなく、そのような勢力と関係ありません*

    はい

    ウェブサイトURL

    会社チームの場合は、必ず入力をお願いいたします。

    Facebook URL

    Twitter URL

    Instagram URL

    ウェブサイト、SNSリンクは、チームページにて公開させていただきますので、開設されている場合は入力をお願いいたします。

    *は必須項目

    3)エントリーフィー入金・・・期限 ご自身でFPV RC Carを準備される場合:2024/6/28(金)、レンタルマシンの場合:2024/7/12(金)
     2)のフォームからエントリーいただいた方へ、振込先を案内させていただきます。
     注意事項
     ・エントリフィーの入金をもって、本レース出場の契約成立とさせていただきます。
     ・レース開催がキャンセルになった場合を除き、エントリーのキャンセル、お支払いいただいたエントリーフィーの払い戻しはできません。
     (例えば、保安基準やコストキャップにより、一部パーツが当初の計画通りに取り付けられない場合も、エントリーのキャンセル、お支払いいただいたエントリーフィーの払い戻しはできません)

    4)マシン製作、パーツ・コスト申請(ご自身でFPV RC Carを準備される場合のみ対応)
     パーツの仕様、価格について記載したパーツコストリスト
      雛形:C1_PCList_20230728_01.xlsx
     をC1(株)へ送付してください。以下2点により承認し、承認完了をチームへ連絡します。
     ・パーツコストリストの各パーツについて、仕様記載が正確であること
     ・パーツコストリストの各パーツについて、価格が適正であること

    5)チーム体制申請・・・期限:2024/7/12(金)
     チーム代表、エンジニア、ドライバーを、パーツコストリストの「基礎情報」シートにて、C1(株)へ申請してください。
     記載漏れがない事を確認し、承認します。

    6)マシン情報公開・・・2024/7/20(土)
     各チームの紹介ページにて、マシンの全パーツ・コストを公開します。

    7)チーム情報公開
     5)の承認が完了次第、随時公開します。
     

    「C1 2024 KASHIWA」Entry

    2024年8月にエントリー受付を開始する予定です。